• Ja
  • Photo
  • Cattle
  • Car
  • Photo
  • 20201006
  • Photo
  • Gps
  • 2png
  • 1

« 採卵による空胎期間の延長を抑制したい | メイン | 受精卵・精液配送始めました!? »

2018年12月11日 (火)

ゲノム編集でどうなるの?

何かと話題の「ゲノム編集」

先日、

CCR5遺伝子を編集してエイズに感染しない赤ちゃんが生まれたとか?

家畜での研究も進んでいるようで、

「10 Predictions for the Future of Gene Editing in Livestock」
(家畜ゲノム編集の未来!)

https://www.agriculture.com/livestock/10-predictions-for-the-future-of-gene-editing-in-livestock

という記事を見つけました。

ざっくり紹介すると、

「角が生えない牛が作れるぜ!」

「暑さに強い牛が作れるぜ!」

「枝肉量が増えるぜ!」

「お腹がゴロゴロしない牛乳を生産できるぜ!」

「柔らかい牛肉を生産できるぜ!」

「いろいろな疾病にかかりにくい牛群が造成できるぜ!」

「雄しか生まれないようにできるぜ!」

「別の個体(動物)の生殖細胞が簡単に作れるようになるぜ!」

らしいです。

と、ここで思い出したんですが、

「別の個体(動物)の生殖細胞が簡単に作れるようになるぜ!」

に関しては我々、以前研究してました。

2年前ですが本ブログでも紹介してます。

「黒毛和牛にホルスタインの卵子をつくらせることに成功~異品種間で生殖細胞の置換技術を確立、牛での成功は世界初!~」
http://etken-blog.lekumo.biz/et/2016/04/post-cd17.html

ゲノム編集がポピュラーになるまで、

まだ先は長そうですが、

期待したい技術です。

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。