• Newyear
  • Photo_2
  • Photo
  • 1
  • 7
  • 6
  • 5
  • 4
  • 3
  • 2

採卵 Feed

2020年12月12日 (土)

ドM魂を刺激された話

大分県でも和牛改良に熱心な地域の農家さんから

「OPUしたい!」

とお声がけいただきました

候補牛の登録書を見せてもらったんですが、

平成25年、28年、29年生まれの3頭だったので、

「これまでの繁殖状況はどんな感じですか?」

との質問に

「全部、未経産です!」

「AIしてもETしても採卵してもダメです!」

「でも、すべてゲノム育種価が高いです!」

と生産者はニコやかです

「7才、未経産、、、」

「全力を尽くします!」

とは言ったものの、

久しぶりに体の内側が

ギャアァァァァ━(((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

という感覚なんですが、

相手が手強いほど

うれしくなってしまう性癖です

事前に対象牛にはFSHを投与してもらいましたが、

反応を見ると2頭は卵胞が成長しており、

1頭は厳しいかな、、という予想

当日は、大分で卵子を吸引し、

福岡でIVF

全力は出し切ったので、あとは神頼み(笑)

Opu

そして、

7日後の移植可能胚製造率は

それぞれ44%、21%、11%でした

結局、7才の娘が一番成績(打率)は良かったですね

21%、11%の娘はIVM後の卵丘細胞膨化が貧弱だったので、

媒精後裸化して拡大観察してみると極体放出がうまくいってないように見えました

次回もチャンスがあれば今度はもう少し

減数分裂をフォローできるような飼い方をしてあげたいと思いました

勉強しておきます!

本日、3軒の農家さんへの出荷の準備も終了し、

Opu2

あとは受胎を願うばかりです

しかし、長いこと妊娠できなかった

高能力牛の産子が得られる(可能性のある)

OPUってすごい技術だと改めて感じたところです

近くでご希望の方いらっしゃればご連絡ください

あまり、手強くない相手キボンヌ

2020年11月28日 (土)

「ゲノム育種価オールH」の雌牛に「安福久」を交配して爆採れした話

4

こんにちは

沖縄は26℃です

日本て広いですね

8

今回もホワイトハウスに招いていただきました

そうです

本島から船に揺られてやってまいりましたよ

9

沖縄は採卵・移植事業が急加速

さて仕事を始める前の恒例行事の、

「タッチュウ」にのぼって爆採祈願!!

1

朝日がきれいです、、

お祈りをすませ、

走って山を駆け下り、

綺麗な海で心を落ち着かせて、

7_2

冷房の効いた採卵場で採卵スタート!

全農採卵、実は

朝からかなりハードです(笑)

5

今回の超目玉は

「ゲノム育種価オールH」の若牛に「安福久」を交配しました

かなりのチャレンジでしたが、

発情の状況など、何度も電話連絡を取り合って

適期にAIしてもらいました

その甲斐あって、

なんと20個オーバーの凍結卵を製造

近いうちにリスト提示すると思います

うちの供卵牛候補としても何個かストックしたい逸材です!!

お楽しみに!!

さてさて、全体の成績は、

平均9.4個とベリーナイス!!

島内の新鮮移植頭数もどんどん増えてきました

そしてこの島は

採卵に参加されていない農家さんにも

事前に採卵候補×交配精液

が知らされていて

採卵日当日に

凍結卵を注文できるシステムになってます

今回もたくさん購入していただきありがとうございました

あと、「そういうスタイルもあるのか~」と、

勉強になったのが、

2頭しか飼ってない農家さんに

4個の凍結卵のご注文をいただきました(笑)

飼育中の牛は少し血統が古い娘たちなので、

購入いただいた凍結卵が受胎して、

血統がガラッと新しくなることを期待しています

1発で妊娠したらまた1年後に残りの受精卵を移植してください(笑)

こういう話も癒されます、沖縄~

そして今回は、仕事の途中で久米島にも訪問させていただきました

3

2時間、若い農家さん20名ほどと打合せしましたが、

非常に熱い方が多い印象です

一緒に改良していきましょうね

このムーブメントが沖縄全体に広がってほしいです!!

沖縄で仕事が終わったシメは、

エンダー(笑)で

11

教えてもらった

メルティ―ダブルをいただきましたよ

ルートビアはもちろんなし、、、

沖縄県、引き続きよろしくお願いいたします

2020年11月 9日 (月)

楽々過排卵

採卵で受精卵がいっぱい手に入りますが、過剰排卵の処置って注射を何回も打つので大変ですよね。

この度、長期作用型のリコンビナントFSH製剤を使った採卵の報告があったので紹介します。

N.Sanderson and M.Martinez
A single administration of a long-acting recombinant ovine FSH (roFSH) for cattle superovulation
Theriogenology Volume 154, 15 2020, Pages 66-72

通常の8回投与とリコンビナントヒツジFSH(roFSH)の1回投与で比較しています。
結果は8回投与とroFSHの1回投与で回収(8.3 vs 13.7)ならびに移植可能卵数( 7.6 vs 10.3)に差はなし!
1回打つだけでいいなんて最高ですね。しかもリコンビナントなんでロット差とか気にしなくて良いでしょうし。(※正確にはhCGとかPGも投与してます)

きっと近いうちに商品化されるでしょうからその時は試してみたいですね。
ただ薬の承認がおりるのってすごい時間がかかるんですよね。
しばらくはアントリンR10とアントリンR10・Alのお世話になるしかなさそうです。

2020年10月23日 (金)

本気出しましたね?

昨日は山陰で、凍結卵の製造日でした

11頭採卵して、

158個凍結卵が作れました

31個を新鮮ETしたので

合計189個回収で

1頭当たり17.2個の正常卵です

牛も本気出したみたいです

今回の交配には「美国白清」も含まれます

新しい血統で攻めてますね

受精卵製造コストを計算すると

採卵成績がよかったので驚くくらい安かったです

たくさんストックができたので、今後、バリバリ移植してください

前回、訪問した時の新鮮ETの妊娠鑑定も行ってもらったんですが、

67%

ET経験の浅い方もいらっしゃいましたが、

グレートな結果です

ありがとうございます

引き続きよろしくお願いします

さてさて、

がらりと話変わるんですが、

10月16日に開催された

JAなすの枝肉共励会の結果をお知らせします

Ja

幸紀雄-安福久

が最優秀賞で

優秀賞は、

百合茂-安福久

諒太郎-安福久

でした

幸紀雄の枝重、

いいじゃないですか

2020年9月17日 (木)

ET後の受胎率が2倍以上に!

先日、

「知恵久」

で島根採卵後、

体内卵の新鮮移植を地元の移植師の方々に

やっていただいた~

と紹介したんですが

その受胎率が出ました

25%程度で伸び悩んでいた受胎率が

一気に63%まで向上

さらに移植経験が浅い方も数名いたんですが

それでもこの成績!

体内新鮮を移植して自信をつけていただきたいですね

で、本日も採卵して、

新鮮移植を実施

1か月後の妊鑑結果が楽しみです

70%を超えるといいですね

仕事終了後は、

名物の「松永牛カレー」をいただきました

ごちそうさまでした

Curry

しかし、体内新鮮の受胎能を再認識できた1日でした

おすすめです!

2020年9月 5日 (土)

よか結果でした

芦北の採卵・移植が終了しました

今回は採卵が10頭

きくちの半分の3人で対応!

平均12個オーバーでした

熊本県はレベルが非常に高いです

九州各県で平均を出すと

おそらくトップではないでしょうか

今回の芦北も新鮮移植を多数ご利用いただきました

体格が大きい受卵牛には2卵ETも実施

たくさん生まれるといいですね

また次回もよろしくお願いします

お隣?の天草では前回の新鮮移植の結果が出てきて

再鑑定が1頭いますが、それがプラスであればなんと100%の受胎率みたいです

体内新鮮卵、やっぱすごい

ということで、今回の芦北受精卵を天草の農家さんにも新鮮でご購入いただきました

こうして県内でどんどん流通してもらえれば非常にうれしいです

さてさて、採卵終了後、福岡に戻りましたが、

台風10号のせいで近くのスーパーが超品薄状態です

今回は停電に備えてインキュベータなどの電源も落とします

かなりデカいらしいので、、

2020年9月 4日 (金)

やればできる

現在、熊本県でお仕事中です

JAきくち管内で

19頭採卵

新鮮移植42頭

その他、新鮮卵出荷などもあったんですが、

獣医師2名、

移植師2名、

検卵者2名、

で午前、午後の部に分けて効率よく作業をおこなえました

採卵成績も良好で

平均12個をマーク

作業にご協力いただいた

JAきくち、

熊本経済連、

の皆様、ありがとうございました!

また、福岡から新鮮卵を購入しに来ていただいた農家さんも

ありがとうございました!

次は南下して「芦北」です

7月の大雨の被害がひどかった地域で

街はまだ完全に復旧していないようです

たくさん採れますように!

2020年8月20日 (木)

「安福久」

超がつく名牛

並びは

安福165の9-紋次郎-糸光

です

今さら説明する必要ないと思いますが、、、

平成28年3月に亡くなりましたが

未だに根強い人気です

しかし、後代の雌雄間であんなに遺伝能力が異なるのはなぜなんでしょうか

非常に不思議です

近年になって

ゲノムインプリンティングが影響しているのではないかとも言われているようですが、

まぁ、そうかもしれませんね、

今後はゲノミック検査(遺伝子配列評価)だけでなく、

エピジェネティクスの解析が必要ということですね

一時期、安福久あたまの受精卵の需要も落ち着いてきたかに見えましたが、

何だか最近再燃している様子も感じます

本日、佐賀で受精卵製造中

安福久で2頭採卵してますが、

合計29個も採れましたよ!

上品な動きの精子ですが(笑)、

受精率は高い!

採卵牛の畜主が上手に飼って、

子宮・卵巣の状態がいいというのもあると思いますが。

2020年8月14日 (金)

「知恵久」

1ec3d2439c1a4b3f95e2aedf6198f838


ヒゲダンを聴きながら

青い日本海をハイエースで走ります

そうです

島根県で採卵です

今回は産次が結構進んだ牛が多かったので少々心配でした

ということで仕事の前に近くの坂本神社で

「爆採祈願!」

0ead7ca40cb54d589aa948cd4cb2fdca


精液は「知恵久」などを使いました

鳥取県で生まれた牛ですね

脂肪交雑のゲノムの成績も福之姫に次ぐ成績ということで

今後もかなり期待できます

脂肪酸組成もよさそうです

ちなみに

血統は

菊知恵-安福久-福栄-神高福

95304d9e7dc249068960e12a96a16656


採卵結果ですが

なかなか良かったです

ひと安心、、

今回は新鮮移植もかなりの頭数をこなしていただきました

これまでIVF/ETが多かった地域なので

体内新鮮ETの結果が非常に楽しみです!

分娩も楽ですよ

また次回もよろしくお願いいたします

2020年8月 7日 (金)

農家採卵事業のパイオニア

我々の農家採卵事業のパイオニア!

立ち上げ時期からいろいろとお世話になったのは

やはり

「JAからつ」

でしょう

はじめは数頭の採卵から始まりましたが、

最盛期には2日間で約50頭という時期もあり

凍結機2台がフル稼働でした

現在でも、

新鮮移植、1日100頭越えが当たり前で

この新鮮移植事業を全国的に普及させるための説明会・勉強会では

必ずJA唐津を例に紹介させてもらってます

さて本日はそのJA唐津にお邪魔して受精卵製造です

平均10個も達成し、さすがの貫禄

牛も余裕の表情

Ushi_2

安福久もたくさん採れてよかったです

また次回もよろしくお願いいたします!

さてさて

コロナであまり大きな動きはできないんですが

ET研マラソン同好会も細々と活動しています

今は日が長いので採卵終了後、

鏡山山頂付近まで

トレランして免疫力を高めます

Akamon_2


ホテルから往復17km程度でしたが、

太ももが悲鳴を上げてます、山道がかなりこたえました

さてさてさて、来週は、お盆ですね

今年の九州分場は盆休みがありません

実家に帰れる状況でもないので

仕事ができてちょうどよかったかもしれません

次回の採卵・移植事業、13日に島根県にお邪魔します

コチラもたくさん採れますように!