• Ja
  • Photo
  • Cattle
  • Car
  • Photo
  • 20201006
  • Photo
  • Gps
  • 2png
  • 1

研究 Feed

2020年10月28日 (水)

交尾で卵子の素が作られる?

私、知りませんでした

ハエの話です

ハエは交尾後に生殖幹細胞が増えるらしいです

このプロセスが不明だったんですが、

卵巣へと伸びる神経で調整されていることが

今回明らかになったそうです

この神経はオクトパミン

と呼ばれる神経伝達物質を産生し、

卵巣に影響を及ぼします

オクトパミンは哺乳動物のノルアドレナリンに相当するらしく、

生物に共通した神経による幹細胞の制御メカニズムの解明に貢献するかもしれません

交尾刺激で増えるんですね、、

不受胎牛がマキ牛で結構妊娠すると聞くんで

牛の世界でも「交尾刺激」なるものが存在するかもしれませんね

話が飛びますが、

交尾刺激排卵動物(ネコ、ウサギ)も効率的な生き物です

多分、交尾のチャンスが少ないので

妊娠の確率が高まるよう進化?

したんでしょうね

交尾と言えば、

さらに話がぶっ飛びますが、

小学校低学年だったころ同級生と

犬を散歩させて遊んでました

友達の雌のワンちゃん、

かわいかったです

そこに、野良犬が寄ってきて、

上に乗ってカクカクしだしたんですね

友達と、

「なんばしよっとやろうか~」

と眺めてたんですが、

下のワンちゃんが鳴き出したんで、

飼い主(同級生)が

「やめろ~」

と引き離そうとしたんですね

で、二人で両側から引っ張ったんです

いつのまにか、それぞれの犬が上を向くように両サイドから引っ張り合ってました

しかし、一部だけ結合してるみたいな、、

もう必死で、

友達は「なんで、つながっとるとや! 抜けん、抜けん!」

と泣いてましたね

と、記憶はここまでで、

最後どうなったか覚えてないんです

抜けたのかな?

抜けたんでしょうね

ごめんなさい、痛かったでしょうね

知らなかったんです

犬の交尾結合、、、

本日は素晴らしいeLife(10.7554 /eLife.57101)の論文から

ワンちゃんの交尾結合まで幅広い内容でお届けしました

eLifeはフリーでご覧いただけます

引き続きET研ブログ、よろしくお願いします!

2020年10月 9日 (金)

ゲノム編集でどうなるの?その2

2年前くらいの記事で

「ゲノム編集でどうなるの?」

ってのがあったんですが、

この技術を使って

「角が生えない牛が作れるぜ!」

「暑さに強い牛が作れるぜ!」

「枝肉量が増えるぜ!」

「お腹がゴロゴロしない牛乳を生産できるぜ!」

「柔らかい牛肉を生産できるぜ!」

「いろいろな疾病にかかりにくい牛群が造成できるぜ!」

「雄しか生まれないようにできるぜ!」

「別の個体(動物)の生殖細胞が簡単に作れるようになるぜ!」

ということを紹介してました

この度、

このゲノム編集技術を開発された

アメリカUC BerkeleyのDoudna氏と

ドイツMax Planck InstituteのCharpentier氏

がノーベル化学賞を受賞されました

おめでとうございます

この技術、2012年に開発されたんですが、

その当時からノーベル賞は確実と言われていたので

2020年の受賞は「やっと」といったところでしょうか

何がすごいって、

むかーし、ET研でも牛の遺伝子をいじってたんですが、

遺伝子切って、loxP配列を入れて、飛ばして、ヘテロを確認して、

SCNTして細胞を胎仔化して、株化して、

再度、遺伝子切って、から同じことをおこなってホモを確認して、

SCNTして細胞樹立して、、、と

ノックアウト細胞を樹立するのに

最速でも1~2年位はかかってましたね

で、牛は妊娠期間が長いので

デザインしてから最終成果が出るまでに

とんでもなく長い時間を費やしてました

これが今回の発見で

ノックアウト細胞だけであれば

早ければ1~2か月程度

で作れるようになったんじゃないでしょうか

また、遺伝子の切った貼ったも専門知識をもつヒトしかできなかったんですが、

今回の方法は、非常に簡単なため、

誰もが遺伝子配列をコントロールできるようになったわけですね

農業・畜産分野だけでなく、

医療などかなり多くの分野での活躍が期待できる技術です

今、クリスパー(ゲノム編集)で研究しろと言われたら、

下痢しにくい子牛とか作ってみたいですね

2020年10月 6日 (火)

繁殖障害牛の治療

AIしても妊娠しない、

発情もこない、

経験上、

このような繁殖障害は

未経産牛でも、

1割程度は存在するように思います

本日、紹介するのは

Platelet Rich Plasma for Regenerative Medicine Treatment of Bovine Ovarian Hypofunction

Front Vet Sci. 2020, 7, 517. doi: 10.3389/fvets.2020.00517

で、いわゆる

多血小板血漿(Platelet Rich Plasma: PRP)治療を

牛でやってみましたよという内容です

PRP治療といえば、

血小板(さまざまな成長因子やたんぱく質が含まれる)で

傷んだ組織を元通りに治そうとする自己治癒力をサポートする方法です

スポーツ診療科などでよく使われているようですね

ネット検索すると

「アンチエージング」

という必殺キーワードも引っかかってくるんですが、

さすがに、

この辺は胡散臭さがグッと増します(笑)

生殖医療領域ではPRPを子宮内に注入することで

子宮内膜が厚くなったりという報告を聞いたことがあります

妊孕性が高まるんでしょうか

今回のご研究はPRPを

繁殖障害牛の卵巣に直接注入したらどうなると?

って試験です

450cc採血してPRPを回収し、

片側の卵巣に5mLのPRP、

血小板数でいうと、

50億個を片側に注入します

(対照区は血小板ではなく、生理食塩水を注入)

で、約2か月後にAIするそうです

生食区は6頭AIして 妊娠0頭

試験区は5頭AIして 妊娠4頭

まぁ、腔胎で出荷するより妊娠牛で出荷した方が売値が高くなるので、

繁殖障害牛、出荷前の最終手段として試してみる価値はあると思います

上士幌でトライしてみましょうかね

学術的に、あと、

血中のFSHやAMH濃度を測定したり、

卵胞波を経時的にエコーで観察したり、

できれば卵巣の切片で血管新生がなされているかなど調べれば

もっといい論文になったと思います

すごくライトな印象でした

2020年9月30日 (水)

バージンフラッシュってその後の受胎性に影響しないの?

福岡もだいぶ涼しくなり、

走りやすい季節になってきました

先週土日は久しぶりに完全に休むことができ、

時間があったというか

かなり暇だったので、

チャレンジしたのが

走った形跡(GPS)でお絵描きです

さて問題!

これはなんでしょう?

Gps

一筆書きです、なかなかの出来栄え!

わかった方はコメント欄に答えとメアドを入れてください(公開されません)

未定ですが、

先着で何かプレゼントを差し上げます

さて、本題に入りましょう

タイトル、どう思われますか?

農家さんから受ける質問でかなり上位にランクします

ちょうどよいご発表がありました

J Dairy Sci,2020, doi: 10.3168/jds.2020-18386.

Does previous superovulation affect fertility in dairy heifers?

というタイトルで

まさに

「バージンフラッシュってその後の受胎性に影響しないの?」

と訳します

ブラジルで乳牛1,783頭を用いておこなわれた検証です

試験では

「1回採卵してAI」区

「2回採卵してAI」区

「採卵なしでAI」区

と比較してどうか調査

結論ですが、

「1回採卵してAI」区は影響しない

「2回採卵してAI」区は初回AIの時期の遅れや

それに伴い分娩時期が少し伸びてしまうけど

その他は影響しない

ということでした

個人的な意見ですが、

将来、超有望選手から

2回の採卵で受精卵が合計10個以上取れるのであれば

少しの初回AIの遅れは仕方がないと思います

それより採卵後AIの受胎性の低下が見られずホッとしました

採卵の手技によっては何らかの影響が出る可能性もあり

100%大丈夫とは言い切れませんが、

概ね「問題なし」と考えてよい結果だと感じました

ゲノム育種価が高い牛や能力が期待できる牛は効率よく産子を取りたいですね

2020年8月18日 (火)

牛は1日何リットルの水を飲みますか?

想像つきますか?

25~40リットルほどです

1回の飲水で何リットル飲むかご存じですか?

1~4リットルほどです

このように、

飲む量に結構なばらつきがあるんですが、

「ウォーターカップ」や「水槽」などの形体でも変わってくるし、

飲み場の清潔度でも変わってきます

で、この飲水量、結構大事なポイントで

餌の食いに大きく影響を及ぼすという研究結果があります

(もちろん、飲水量が多いほうが餌の食いがよい)

ということは増体にも影響し、

枝になった時の価格も変動するわけです

さらに酷暑期のヒートストレスの緩和にも有効です

もしかすると、今時期は40リットルよりもっと多いかもしれませんね

清潔でガブガブ飲みやすい環境を作ってあげることが大切です

本日、温度計は38℃、外で少し作業をしましたが汗ダクダクダクです

やばい感じだったので、体の中を冷やしてヒートストレスを緩和します

Ice

みなさまも作業中はこまめな水分補給を!

2020年8月15日 (土)

お尻に目を書くと、クマに襲われない?

ヤホーで話題です

牛のお尻に目を書くとライオンに襲われない

ボツワナで行われた実験なんですが、

牛のお尻に「目」「×」「何も書かない」

の3グループに分けたところ「目」を書いた牛がライオンに襲われなかったそうです

4年間の実験!

42003_2020_1156_fig1_html2

(写真はcommunications biologyからお借りしてます)

なんか、象の目を意識してるんでしょうかね?

尻尾もあいまって象に見えないこともない

しかし、アフリカでは牛は非常に高価な動物なので

経済効果は大きいでしょうね!

なんか、昆虫でも「目」に見える柄で鳥から食べられなくなったり、

車もテールランプが「目」に見えるのは追突される確率が低いとかなんとか、、

こちらの信ぴょう性はわかりませんが、、、

今回のご発表ですが、昔紹介した

インパクト特大!

以来のびっくりでした

まぁ、Communications Biologyって雑誌、聞いたことないな~(笑)

ほんまかいなー

と思って調べたら

Nature姉妹紙でした

まだ創刊して間もないらしく、

インパクトファクターはついてませんが、

10~12.5と予想が出ています!

10超えたら異次元です

勉強不足で失礼いたしました

我々もいつか投稿してみたいです

北海道でもクマよけになるんでしょうか?

雄の牧牛が委縮してしまいそうですね

論文はココ

詳細を知りたい方は↑で確認してください

2020年7月27日 (月)

牛の冬眠も可能?

筑波大と理研が、

「冬眠様状態を誘導する新規神経回路を発見」

したそうです

A discrete neuronal circuit induces a hibernation-like state in rodents

Nature, 583, pages109–114(2020)

に掲載されているので詳細は論文を確認してください

簡単にまとめると

マウスの脳に存在する神経細胞の一部を刺激すると、

体温・代謝が数日間にわたって著しく低下して

「冬眠様状態」

を誘導できることが発見されました

研究グループは、この神経細胞群をQ神経と命名

そしてマウスの10倍大きいラットのQ神経を興奮させることでも同じ現象が見られました

本研究によって、哺乳類に広く保存されているQ神経を興奮させることで、

普通は冬眠しない動物に冬眠様状態を誘導できることが明らかとなり、

ヒトでも冬眠を誘導できる可能性が示唆されました!

で、このQ神経に「冬眠状態に入りなさい」

と命令している物質がグルタミン酸らしいです

牛を冬眠させることのメリットが今は思いつきませんが、

(冬眠させると実はおいしくなるとか??、、、笑)

精子や受精卵を冬眠させる技術が確立できれば

社会貢献度の非常に高い仕事になりますね

凍結せずに半年くらい冬眠できれば最高です!

2020年7月17日 (金)

オートファジーと受精卵

面白そうな文献見つけました。
Inverse relationship between autophagy and CTSK is related to bovine embryo quality
Reproduction. 2020 Jun;159(6):757-766

オートファジーとCTSKがウシ胚の質と関係するそうです。

オートファジー?CTSK?
聞きなれないワードに手が止まりましたが、せっかくなので勉強してみます。

オートファジーとは細胞質中の余分?なタンパク質や成分を除去する仕組みのようです。
タンパク質などを包み込んで、分解する機構が細胞には備わっており、受精卵の細胞も同様みたいです。

それで余分なものを包み込んで分解するときに色々な酵素が利用されるのですが、その一つにカテプシンK(CTSK)というものがあるようです。

ふむふむ、基本的なところを理解したところで、結果を見ると高品質の受精卵はオートファジーの活性が高いそうです。余分なものをちゃんと除去しているんですね。

一方で、CTSKの活性は低いことが明らかになったそうです。

取り込むけど分解しすぎないくらいがいいんですかね。

調べると、受精卵や卵子の品質とカテプシンの活性は影響することが言われていたようです。
Cathepsin B activity has a crucial role in the developmental competence of bovine cumulus-oocyte complexes exposed to heat shock during in vitro maturation.
Reproduction. 2013 Aug 24;146(4):407-17.

受精卵の品質向上のため、今後の研究も注目ですね。

2020年7月 2日 (木)

「新凍結液」

「全農の体外受精卵がすごくついてるよ」

「凍結ね」

って感じでご連絡をいただきました

最近は、いろいろなところから、

褒めていただけることも少し出てきて

地盤が安定してきたかなとも思ったりします

これもスタッフの頑張りの賜物ですね

で、実はIVFは凍結液を新しくしました

普及しているOPU-IVFのネックが

どうしてもIVF胚の凍結に対する弱さだったので

ここをクリアできれば

和牛も乳牛も改良効率が大きく改善されるでしょう

まだまだ満足できる数値ではありませんが、

今後もさらなる進化を遂げます!

ということで、

登記はとれませんが、

和牛IVF卵各種販売してます

幸紀雄、若百合、諒太郎、美国桜、紀多福などなど

1万円代で販売中です

ご連絡ください

今後は登記の取れるIVF凍結も検討します

2020年4月28日 (火)

DMSOが受精卵の発育を助ける??(その2)

広島にお住まいの方!

県内Aコープ16店舗で和牛の半額セールをやってるみたいですよ!

この機会にぜひ、おいしい和牛をどうぞ!

さてさて、

先日、

DMSOが受精卵の発育を助ける??

で卵子の成熟培地にDMSOをほんの少し加えると受精卵の発育率が改善するという、

簡単にできそうな報告があったので3回ほど試してみました

我々の結果は、

無添加区と比較して

差は認められませんでした

簡単ですが、以上~

速報でした~