• Photo
  • Photo_4
  • Photo_3
  • Photo_2
  • Photo
  • Photo_4
  • 1
  • Nikuudon

« 9/4(土) 令和3年度九州管内系統和牛枝肉共励会 開催! | メイン | 半期が終了したんで小括します »

2021年10月 1日 (金)

全農ET研究所種雄牛満天太郎産子の市場成績

佐賀県で後代検定中のET研種雄牛、満天太郎の産子14頭が9

月の佐賀県・畜産センター子牛市場に上場されましたsign01

現地で牛を見てくださった職員の話によると、発育良好でフレームが大きく、

見栄えのする牛が多かったそうですhappy02

去勢(7頭)については、産子の取引価格の平均値が市場平均を超えていたそうで、

枝肉成績が出るのが楽しみですsmile

父親の満天太郎は全農種雄牛の中で総合ゲノム育種価が1位であり、

1代祖の金太郎3の血を受け継いで、特に増体に期待が持てますgood

子牛の写真もいただいたので、載せておきます。

Photo

去勢 満天太郎×百合茂×晴美桜

Photo_2

去勢 満天太郎×菊福秀×平茂晴

後躯が張っていて肉付きが素晴らしいですねsign01

腹回りの肉付きも良いのではないでしょうか。

非常にボリューム感に優れた牛であると思います。

ここから肥育成績が判明するまでは少し時間がかかりますが、

ワクワクしながら待とうと思いますconfident

なお精液は現在販売中ですので、ご興味がある方は、ぜひご連絡くださいsign01

Z

コメント

満天太郎、友人の牧場からETセンターに入れて頂いたドナーの子です!私も楽しみにしてます。
さん子が大きそうなので初産には着けない方が良いとか聞きました。

長友牧場 様
いつもブログを見てくださり、ありがとうございます。
満天太郎の母はET研究所の種雄牛、満天桜の母でもあり、ET研究所の育種改良に貢献してくれたドナーの1頭です!
本当にありがとうございます。
産子についてですが、生時体重のデータはいただいていないのですが、和牛に種付けして難産、死産は少なかったと伺っております。ただおっしゃる通り、初産の雌は避けた方が良いかもしれません。
貴重な情報ありがとうございます。
これからもET研究所をよろしくお願いいたします。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。