• Photo
  • Photo_4
  • Photo_3
  • Photo_2
  • Photo
  • Photo_4
  • 1
  • Nikuudon

« 2021年11月 | メイン | 2022年1月 »

2021年12月

2021年12月24日 (金)

幸紀雄母体 最強説!

粟国の皆様、ありがとうございました!

コロナや悪天候で幾度も中止になりましたが、

4度目の正直、

ようやく訪問することができました

計画から1年半ほどかかりましたね(笑)

今回、2日間かけて、

農家さんを巡回させていただきましたが、

今の粟国にとってETはメリットしかないように思います

次年度あたりからETを開始して

最新血統の子牛を増産したいですね

引き続き、よろしくお願いいたします!

Aguni

粟国は放牧地のソテツが非常に印象的でした

ということで、

昨日まで、沖縄県の粟国島を訪問してたんですが、

宿にあったのが、コレ

Wataru

「わたるがぴゅん」

小中学生のころ大好きで、

非常に懐かしく、35年ぶり?

くらいに読ませてもらいました

相変わらず、面白かったです

で、「わたるがぴゅん」といえば、「たっちゅう」

「たっちゅう」といえば、「伊江島」です

実は、先日の伊江島採卵では忘れられない事件が起こったんです、、よ

当日、ゆっくりと朝食をとってたんですが、伊江島の農家さんから

「今どこなの~?今日、軽石でフェリーでないよ~、

知り合いに頼んどいたんで傭船(ようせん)で伊江島まできて~、

早く本部港に行って~」

と言われ、フェリーのHPをみるとすべて

「欠航、欠航、欠航」

で、まず、行動したのが

「傭船(ようせん)ってなんや~」っと、

グーグルで調べることから始めました

なるほど、コンビニ商品を伊江島に運ぶ漁船に乗れってことね!

と頭で理解して、本部港を目指します

港に着くと海が一面灰色、、

まさかニュースでやってる軽石が自分の仕事に影響を及ぼすとは、、

しか〜し、感傷に浸っている時間はなく、

大事なエコーなどの商売道具を両脇に抱え、

右往左往し、

脇汗かきながら漁師さんに交渉して漁船に乗り込みました

Gyosen_2

「伊江島のみんな〜、待っててね~」と

気分は完全に「Dr. コトー診療所」状態

ということで、何とかお昼ごろには到着できたんですが、

全農のDr. コトーは

若干の船酔いと、

全身海水でビチャビチャで仕事のやる気スイッチは完全OFF

という状況だったので、まずはお昼ごはんに連れて行っていただき

ようやく、スイッチON!

結果、伊江島採卵初の平均10個越え、

12.5個/頭を記録しました

苦労した甲斐がありました(笑)

Iejima

なかでも、

今回、幸紀雄母体に安福久を交配したんですが

27個の高品質胚が回収できました

この子、実は以前も紹介した「ゲノム育種価オールH」の牛で、

前回も安福久を交配して、21個製造できました

今回もリスト販売いたしますので楽しみにお待ちください

しかし、幸紀雄母体の採卵成績はかなりいいですね

昔、隆之国母体もかなりいいなって感じでしたが、

それ以上な感じがします

幸紀雄母体、お持ちの方は大事にされてください

ソコから繁殖牛を造成していけば、かなり繁殖性が期待できる牛群が完成しそうです

さてさて、今回は同時に、久米島にもお邪魔しておりました

久米島採卵の目玉は〜

福之姫母体に安福久交配

と、攻めた受精卵を製造されてます

おもしろいですね~

採卵成績もなかなか良かったです

久米島も今後、ドンドンETを普及していきましょう

と、いろいろとあった沖縄採卵でしたが、、

また来年もよろしくお願いいたします!

写真は帰路の久米島の空港ですが、

外国っぽくて好きです

Airplane

プライベートジェットに乗り込むような写真が撮れましたよ

年賀状にできそうですね(笑)

みなさま、それではよい週末を~

2021年12月20日 (月)

凍結卵リスト(2021.12.20)

 いよいよ本格的に寒くなってきましたsnowsnowsnow

先日、朝-16℃の日がありました・・wobbly

この日はあまりの寒さに使い捨てカイロを使いましたが、1枚ではな~~んの意味もなく、

30枚ぐらい全身にカイロ貼り付けようかと思いましたが、

全身にカイロを貼りつけまくったカイロ人間が見回りをしていたら、

牛もさぞかし驚くだろうと思いやめました。

 牛でもこの気温は流石に寒いだろうと思いますが、

寒い中採卵させてくれる牛に感謝sign01happy01

 

さてsign01今年最後のリストですsign03

今年は皆さまから非常に多くの注文を頂いており、受精卵の製造担当としては大変やりがいがありましたcatfaceありがとうございますsign03happy01

来年もよろしくお願いいたします。それではよいお年をお迎えくださいjapanesetea

 

和牛凍結卵リスト☞20211220.pdfをダウンロード

和牛プレミア卵リスト☞premium1220.pdfをダウンロード

12月27日(月)が申し込み締め切り日となっております。

価格や申し込みに関してはお近くのJAまでお問い合わせください。

 

 

☆ホルスタインX卵☆

ホルスタイン受精卵もクラスター事業対象か否かをリストに記載しますので、

是非リストをご確認ください!

 

ホルスタイン凍結卵リスト☞x20211220.pdfをダウンロード

ホルスタイン凍結卵血統☞x211220.pdfをダウンロード

 

期待の精液・希望の交配などなどありましたらコメントをお待ちしておりますvirgo

 

F

2021年12月15日 (水)

ET研究所若手紹介

上士幌は雪がちらつくようになりました。

職場と住居で雪の積もり具合が全然違います。

事故を起こさないように気をつけねばcoldsweats01

さて農業協同組合新聞にET研究所の若手達が

紹介されていますsign01

トップバッターとして私の後輩の記事を紹介しますhappy01

ET研若手紹介

受精卵に関する研究を中心に様々な研究に

取り組んでくれています。

日々熱心に研究をしているので、

将来きっとビッグな男になると思いますwink

今後にご期待くださいsign01

Z

2021年12月 8日 (水)

全農種雄牛「百忠平」産子(去勢)上場!!

再び全農種雄牛である、

百忠平の産子が十勝市場に上場されましたshine

血統は百忠平-美津照重-安福久で、

体重370kg、

日齢体重1.25で、

市場平均価格(速報値)より4万円ほど

高値で取引されました!

2

3

体長・体積感の優れたいい牛ですねlovely

父親の百忠平はとても温厚な牛なのですが、

この子もお父さん似で温厚なようですconfident

今からどんな肥育成績になるのか、楽しみですねhappy02

「百忠平」の精液、ご興味のある方はお気軽にお問い合わせくださいflair

μ

2021年12月 6日 (月)

凍結卵リスト(2021.12.6)

油断していたらもう12月ですsign01今年ももう終わりです。。はやいcoldsweats02

先週末、風が冷たくて冷たくて体調をくずしましたsad

皆さんは十分体調管理にお気をつけてくださいthink

 

それでは体を温めてから受精卵リストをご覧ください。

和牛凍結卵リスト☞20211206.pdfをダウンロード

和牛プレミア卵リスト☞premium1206.pdfをダウンロード

12月13日(月)が申し込み締め切り日となっております。

価格や申し込みに関してはお近くのJAまでお問い合わせください。

 

 ☆プレミア卵:北海道育種価238位・402位☆

今回、北海道の農家さんにて、北海道育種価238位と402位のドナーで

採卵させていただいた受精卵がでています!

・福之姫   x M4454(安福久-勝忠平-第1花国)  6卵

・勝早桜5 × M4458(光平照-安福久-勝忠平)   1卵

 

最近凄い人気!福之姫x安福久ですね!さらにドナーの実績もありsign03

勝早桜5の引き合いもあがっていますね

繁殖でも肥育でも楽しみですwink

 

☆ホルスタインX卵☆

ホルスタイン受精卵もクラスター事業対象か否かをリストに記載しますので、

是非リストをご確認ください!

 

ホルスタイン凍結卵リスト☞x20211206.xlsxをダウンロード

ホルスタイン凍結卵血統☞x211206.pdfをダウンロード

 

期待の精液・希望の交配などなどありましたらコメントをお待ちしておりますvirgo

  

F

2021年12月 2日 (木)

メスをオスにする・・・には?

以前のブログでもちょこちょこ取り上げられている「ゲノム編集」技術ですが、こんなことをしている人たちもいるみたいです。

One-step generation of a targeted knock-in calf using the CRISPR-Cas9 system in bovine zygotes

Owen, J.R., Hennig, S.L., McNabb, B.R. et al. One-step generation of a targeted knock-in calf using the CRISPR-Cas9 system in bovine zygotes. BMC Genomics 22, 118 (2021). https://doi.org/10.1186/s12864-021-07418-3


ゲノム編集は ノックアウト:働いてほしくない遺伝子を壊す のと
ノックイン :本来持っていない遺伝子や遺伝子の発現を助ける配列を挿入する
の両方ができるんですが、この論文では高効率な方法によって受精卵に対しても実用的にゲノム編集ができるようです。


できたての受精卵は特にゲノム編集に必要な「相同組み換え」というやつが起こりにくいらしくて、ゲノム編集が起きるタイミングが遅れちゃうことも多いのだそうで。そうすると例えば4細胞まで発生してからそのうちの一つの細胞でだけゲノム編集が起きて、発生が進んだ時にゲノム編集できた細胞とできなかった細胞が混じった状態になるんだそうです。


それで、この論文の研究者たちは相同組み換えにを引き起こしやすい方法を提案してゲノム編集を受精卵に実施したわけですが、彼らは「SRY」という遺伝子をノックインした受精卵から実際に産仔を得られたようです。
SRYとは哺乳類のY染色体上にある遺伝子で、これが常染色体上のオスがオスになるために必要な遺伝子たちを「叩き起こす」わけです。


今回得られた産仔は残念ながらそもそもオスだったので、実際に導入したSRYが機能して性腺が発達しているか(要は、精巣ができて精子が作られるか)は検証できていないようなので、気になるところですね。


それと、性染色体ではXXを持っていて精巣がある個体はオスなのかメスなのか、定義が難しそうですね。


SRYというともう一つ気になる話題を見つけまして、公開自体は一年ほど前のものなのですが
「マウスのSRYが実は既知のものと少しお尻のほうの形が違うものが発見された」のだそうです。


しかこの新しいSRYのほうが性決定において重要な機能を持っているらしく、どちらかといえばこちらのほうがオス化するには必須なのだそうです。


このように生物の基本的な仕組みである性決定ですが、新しい技術で性をコントロールしたりその仕組みについて新しい発見があったり、まだまだ研究対象として発展していきそうな予感がします。

TKH